代表について

お問い合わせ

代表について

代表者情報

suzuki

鈴木 二郎

飲食店繁盛キャッシュフローコーチ
株式会社財務戦略研究所代表取締役
鈴木二郎税理士行政書士事務所所長

飲食店経営者の資金繰りを改善し、月末の不安をなくし、
本業に専念できる状態を作る専門家

なぜ私がキャッシュフローコーチをしているのか。

今の私のミッションは、「自分のビジョンの実現を目指すと同時に、クライアントのビジョンの実現のために深く関わりサポートする」ということです。

私には「自分もNO.1になり、人もNO.1にする」という理念があります。この理念は遠藤晃先生が代表を務める『チームNO.1』の理念でもあります。

多くの飲食店経営者は、日々資金繰りに悩まされ、自分の財産を会社に投入し、自分や家族の給料を極小化してまで社員を守り、会社を守り、事業を継続するために努力しています。

本当は夢の実現のためにやりたいことがあるにもかかわらず、その夢はいつの間にか頭の片隅に追いやられ、毎日、
目の前の雑務に翻弄されてしまっています。

この大きな原因の1つは、「会社のお金の流れの見える化」ができていないからだと感じています。
お金の流れを見える化するためには、

①事業計画書(目標)の作成
②毎月の試算表の作成
③毎月の資金繰り表の作成
④計画と実績のギャップの毎月の検証

が必要になってきます。

ただ、多くの飲食店経営者はやった方がいいのはわかっているんだけれども、やっていません。
なぜか?面倒くさいし、緊急性がないから!

でも私がこれまでに多くの飲食店経営者と関わってきてわかっていることは、これを実践している会社は上手くいっているということです。

これまでは数字だらけの試算表や資金繰り表を見せられて、よくわからないというのが実情ではないでしょうか?
あるいは、最悪の場合、まともな試算表を決算まで目にしていないということもあるのではないでしょうか?

私どもでは、ほんの2割程度の会計知識でも8割程度の経営判断ができるように、数字だらけの試算表を「お金のブロックパズル」という1つの図で、視覚的に見える化し、「1シートマネープラン」という1枚の表でお金の流れを見える化していきます。

あなたには、今の現実とは違う、理想のあるべき姿があるはずです。その現実と理想のギャップが今の『課題』なのではないでしょうか。

私どもは、そのギャップを埋めていただくために、あなたと共に課題に向き合い、解決していくために全力でサポートをさせていただきます。

そして、あなたが思い描くお店づくりのための、あなたの夢を実現するためのお手伝いをさせていただきます。

私と共にNO.1を目指しましょう。

Top